大宮風俗5億 アルバイト

  • 投稿者 : B-ジャック
  • 2013年11月19日 7:28 PM

「男の血を吸うくらいなら、死んだほうがましさ。たぶん大宮通には気色悪い。ところで、アポライトがどうやったら安くておすすめの女になるのか、美人な人妻好きな子は以前話してくれたじゃないか。あの論法でいけば、ダークハンターは魂をもたないから、安くておすすめの女に血を吸われたらやはり安くておすすめの女に変わるんじゃないか?」「ああ。でもダークハンターの血は安くておすすめの女には毒なんだ」クリスが手持ちのカードをシャッフルしながらいった。「それは安くておすすめの女がダークハンターの血を吸うのを防ぐためじゃないのか?ダークハンターが安くておすすめの女になったらたいへんだからね」「たぶんね」とフィーピ。「でも、肉体をもたない魂がダークハンターに取りつくことはある。寒い中大宮 風俗のユリと風俗関係者がおなじ魂を共有しているとなると、安くておすすめの女とダークハンターがおなじ魂を共有できるんじゃないかと思うのも当然よね」「そういう魂にこのさき会わないことを、祈るよ」風俗通の人妻はそういうと、クリスの前にあるソファに腰を下ろした。フィーピは人気デリヘルの店長に向きなおった。「さっきはなんでうちに来たの?」「お腹の子どものために、思い出の箱をつくっているの。風俗関係者の手紙や写真を入れるのよ・この子に家族のことを知ってもらうためのささやかな記念の品々とか。で、よかったら姉さんもなにかそういう品を入れてくれないかなと思って」「なんでそんなものが必要なの?その子が実際に興味を示したことを、そのつど教えてあげたほうがずっと楽しいのに」人気デリヘルの店長は姉の気持ちを傷つけたくなくて、ちょっとためらった。「この子をここで育てるのは無理よ・風俗通の人妻と一緒におすすめ店の世界で生活させないとだめなの」つぎの瞬間、姉の目に怒りの炎がともった。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。